2024年 年頭の辞

明けましておめでとうございます。
 辰年は荒れると言われますが、年明け早々の能登半島地震、そして被災地に支援物資を運ぶために 飛び立とうとしていた海上保安庁の航空機に日本航空機が衝突した事故には驚かされました。お亡く なりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
 近年、能登半島ではしばしば地震が発生していましたが、震度7というのは東日本大震災以来の激震です。 電気も水も食料もなく、傾いた家や避難所で過ごす人たちの姿を想像するだけで胸が痛みます。

 もっとも気がかりだったのは、原子力発電所への影響でした。震源地に近い石川県志賀町には、 北陸電力志賀原発があります。原子力委員会は、「大きな異常はない」と発表しましたが、 外部電源の一部を喪失し、変圧器からの油漏れや核燃料プールの水漏れがあったとのことです。
 福島のような大惨事にならなかったのは幸いですが、だからと言って油断は禁物です。 日本列島には、縦横無尽に活断層が走っており、いつ何時、地震や津波が発生するか予測不可能です。 地震大国の日本で原発を再稼働させるだけでなく、新たに建設しようという政府の方針にはあきれる とともに強い怒りを覚えます。私たちは、原発反対の声を上げ続けなければなりません。
 最近気になるのは、高齢者は金持ちだから医療や介護における自己負担分を増やし、もっと保険料を 上げるべきだとの声が高まっていることです。たしかに日本の社会保障は、他の先進諸国に比べて 高齢者への支出が多く、子どもへの支出が少ないことが特徴です。
 家制度的な規範が残存していた1980年代くらいまでは、親の扶養や介護は子ども、とりわけ長男 の責任でした。しかし女性の社会進出が進んだことに加え、息子のいない家族が増えるにしたがって、 親の扶養や介護を社会保障に委ねようという気運が高まってきました。年金は社会的親孝行、 介護保険は「介護の社会化」とよばれるようになりました。
 岸田政権の目標の一つである全世代型社会保障の実現に異論はありませんが、その財源を高齢者の 負担増に求めるというやり方には、納得がいきません。高齢世代から削った分を子ども世代に回すの ではなく、社会保障への公費負担を増やすという方法もあります。世代間の対立ではなく、連帯を 求めていくというシニア社会学会の姿勢を、今後さらに強めていきたいと考えております。

2024年1月吉日
一般社団法人シニア社会学会会長 袖井孝子

第8回 研究会合同イベント 

「シニア世代のデジタル・リテラシー向上のための方策
   ~若者世代・シニア世代による支援と課題」

第8回となる今年度の「研究会合同イベント」は、社会情報研究会が担当します。

社会のデジタル化は急速に進展しており、シニア世代のスマートフォン所有率も上昇しています。 一方でスマホを使いこなせない高齢者もいまだ多く、デジタル化に取り残される懸念が発生して います。本シンポジウムでは、誰もが情報通信機器を使いこなし、サービスを享受できるデジタル・ リテラシーの向上のための支援策と課題について、若年世代・シニア世代からの意見をもとに考えて いきます。
基調講演では、2022年度の俱進会助成事業の調査報告とそこからの提言についてお話します。

■ 日 時:2024年3月16日(土) 14:00~16:00
■ 会 場:ちよだプラットフォームスクウェア505・506会議室 ※ハイブリッド開催
      〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
■ 参加費:1,000円(学生無料)
  申し込み締め切りは3月14日です。
■ プログラム
 第1部 基調講演:
 八巻睦子(当会運営委員、ユニアデックス株式会社 未来サービス研究所所長)
 テーマ:「シニア世代がデジタル社会を生き抜くヒント
    ~高齢者のスマートフォン利用に関するヒアリング調査結果から~」
 第2部 パネルディスカッション:
 ①よろず隊(千葉商科大学学生を主体として活動する有償ボランティアの団体)
 テーマ:「スマートフォンを安全に使うために
    ~学生と高齢者の輪をとりもつスマートフォン~」
 ②田口 登(NPO法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ市川運営委員、
  NPO法人ココCOLORねっと運営委員、いちかわITインストラクターズ会員)
 テーマ:「スマホ・パソコンの私のボランティア活動
    ~現在の変化の早い時代の中で私たちの年代の考え方について~」
 ③安田和紘(当会理事・運営委員、元目白大学教授、あざみ野クラブで活動中)
 テーマ:「スマホに囚われたくない」
※ 参加申し込み方法などは、開催案内のチラシ PDFアイコン をご覧ください

新規会員随時募集中

学会の新しいリーフレットを作成しました PDFアイコン 

シニア社会学会は、どなたでも入会できます。
入会申込書に必要事項を記入の上、事務局にお申込みください。
入会案内へ

研究会開催案内

研究会開催日は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる場合があります。
詳細は、各研究会の担当者にご確認ください。

「社会保障」研究会

第158回「社会保障」研究会開催のお知らせ
(1)日 時:2024年3月27日(水) 18:00~20:00
(2)報告者:姜 守香(東京大学大学院修士課程)
(3)テーマ:「日・韓男性高齢者の配偶者ケア経験と認識比較研究」
(4)Zoomで開催いたしますので、ご参加を希望される方は、阿部ご連絡ください。後程、招待メールを差し上げます。
阿部fujiko-s@jeans.ocn.ne.jp
(@は、半角にしてメール送信ください)
※ご質問がございましたら、阿部までご連絡下さい。

「シニア社会のリテラシー」研究会

第94回「シニア社会のリテラシー」研究会開催のご案内
(1)日 時:2024年2月22日(木)15:00~18:00
(2)場 所:早稲田大学・国際会議場4階第7共同研究室
(3)発 表:森嶌 由紀子
(4)テーマ:人生100年時代を生きるリテラシー
(5)参加費:300円
*お問い合わせ等は、島村(ken-sima1941@jcom.home.ne.jp)までお願い致します。

「社会情報」研究会

第49回「社会情報」研究会開催のお知らせ
(1)日 時:2024年2月21日(水) 15:00~17:00
(2)場 所:Zoom開催
(3)概 要:当研究会が担当する合同イベントの当日タイムスケジュール決定
*参加ご希望やお問い合わせ等は、担当:森(moriyasu@ied.co.jp)までお願い致します。

「YNSやまぶき任意後見サポート会」

第41回「「YNS やまぶき任意後見サポート会」開催のお知らせ
(1)日 時:2024年2月24日(土) 18:30~20:00
(2)場 所:品川区東大井 5-18-1 きゅりあん 第一グループ活動室
(3)テーマ:認知症とともに生きる
  「信託」と「任意後見」の併合を考えていきます。
認知症らしさを体験することで新たな発見が生まれます。人形劇、寸劇その他劇団員募集しています。Zoomの参加もできます。
(4)発表者:鈴木眞澄及びその他及びその他YNS やまぶき任意後見、アワーズ
*お問い合わせ等は、担当:鈴木眞澄(mme_masumi@yahoo.co.jp)までお願い致します。

「ライフプロデュース」研究会

第49回「ライフプロデュース」研究会開催のお知らせ
(1)日時:2024年2月23日(金) 17:30~19:30
  Zoom開催
(2)テーマ:認知症について
(3)ファシリテーター 長谷川洋さん(埼玉県健康管理士)
※ご連絡ご質問は、中村までご連絡ください。(nakamurayoshiko6@gmail.com)

新着情報

2024.2.20 JAASNews第294号を掲載 PDFアイコン 
2024.1.23 JAASNews第293号を掲載 PDFアイコン
2023.12.19 JAASNews第292号を掲載 PDFアイコン
2023.12.19 活動についてに活動評価委員のコメント第3回を掲載しました
2023.11.20 活動についてに活動評価委員のコメント第2回を掲載しました
2023.10.17 活動についてに活動評価委員のコメントを掲載しました
2022.6.29 事務所移転しました
新住所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
  ちよだプラットフォームスクウェア1037
2021.12.07 2021年8月8日(日)に行われた板倉真琴監督「ひとと原発」上映対談会の記録を掲載 PDFアイコン
2020.1.20 「災害と地域社会」研究会2016―2018年度報告書を掲載 PDFアイコン(4.2MByte)(ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
      3/13内容に修正があったため、差し替えております。
2019.11.11 第5回シンポジウム「あれから 8 年-<二点居住>という生活のかたち 」の記録を掲載 PDFアイコン
2018.8.6 第4回シンポジウム「あれから7年~私たちはフクシマをわすれない~」の記録を掲載 PDFアイコン
2017.4.19 「災害と地域社会」研究会2015年度報告書を掲載 PDFアイコン(3.7MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2017.3.8  2016年11月19日に開催したシンポジウム「(第3回)私たちはフクシマをわすれない」の記録を掲載 PDFアイコン
2016.4.28  「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン
2015.9.24 「災害と地域社会」研究会2014年度報告書を掲載 PDFアイコン(8.5MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2015.4.16  「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン
2014.10.8 「災害と地域社会」研究会2013年度報告書を掲載 PDFアイコン
      (この報告書目次のタイトルをクリックすると、各章に跳びます。)
2014.7.4 機関誌「エイジレスフォーラム」投稿規程を掲載 PDFアイコン
2013.7.8 「濱口研究会10年・100回記念号―シニア社会のリテラシー」頒布のお知らせ 
2012.4.12 2011年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2011.4.1 2010年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2010.5.1 ホームページをリニューアルしました。