人老い易く、シニアに成り難し

 『なぜ、私の歳を聞くの?』(飛鳥新社)というユニークな視点から年齢問題を提起し続けている本学会員がいる。 本田重道さんである。人老い易く、シニアに成り難しも年齢がらみで異論はあるだろうが先送りさせていただき、 今は著書の言及に止める。
 老いは、生理物理学的特性(普遍性、固有性、進行性、有害性)にもとづき、人を選ばないエイジングプロセスの 結果である。老いの回避行動には、心身を整える術や調理法などいろいろな工夫があり、その効果があることはわかっ ているにしても、エイジングは平等で、善人といえど天網恢恢疎にして漏らさないゆえに、人は老い易いのだ。
 生命表上で出生者の半数が生存すると期待される年数を示す男/女の寿命中位数は、1950年67.22/71.31、 1985年78.06/83.38、2016年83.98/89.97で、学会がテーマにしている持続可能な超高齢社会の高齢社会化の しっぽをはっきり見て取れる。問題は高齢社会化の高波を被っている本体の心模様である。
 シニアに成り難い有様は、「高齢化そんなにうとましいのですか誰もが老いてゆく身というに」(佐々木礼子)と「 伸び盛り生意気盛り花盛り老い盛りとぞいわせたきもの」(築地正子)の硬軟2首から推測いただけるのではないだろうか。 「裏を見せ表を見せて散る紅葉」は良寛の辞世(1831年)の句と伝えられている。良寛の人生描写は、人の世の哀楽を歌い こんだ上記2首をその昔において包み込んでいた。
 シニアに成り難しというなら、その関門をスルーできるパスポートのようなものはあるのだろうか。18歳と81歳を対比して、 「自分探しをしている18歳、いつも忘れ物探しをしている81歳」「若さが宝モノと気づかないのが18歳、 成人して気づいたけれど後悔ばかりの81歳」他(今井洋子)の洒落に、「前途洋々背筋が伸びている18歳、 すっかり背中が丸くなった81歳」「試験にスベルのが18歳、階段で滑るのが81歳」他(島村健次郎)のやり取りがあったことを知った。 世代内外の自覚的な社交性、ポジティブな交流が透けて見えるではないか。秘鑰(ひやく)はサードプレイスの効用のすゝめである。
 シニア社会学会が提供できるサードプレイスの伸び代にはまだまだ余地がある。その意義と効用をもっと広めたいものである。

2018年7月

一般社団法人シニア社会学会副会長 濱口晴彦

2018年度シニア社会学会連続講座

【 オープン講座ですので、会員以外の方の参加も歓迎いたします 】

テーマ 「持続可能な超高齢社会 ~安心の未来に向けて~」
主 催 (一社)シニア社会学会
会 場 駒澤大学
(駒沢キャンパス本館6階中会議室)
開催要領 2018年9月8日(土)~2018年12月1日(土) 全3回
各回とも、14:00~16:00
各回 1,000円(会場にてお支払いください)
※参加は各回ごとに自由にお申込みいただけます
申込みの受付は7月下旬からとなります。

開催日
全て土曜
テーマ講師
2018年
9月8日
反原発と自然エネルギーの将来(仮) 吉原 毅
(城南信用金庫顧問)
2018年
10月20日
持続可能な社会
~Sustainable Development Goalsの実現に向けて(仮)
笹谷秀光
(株式会社伊藤園顧問)
2018年
12月1日
働き方改革で日本は幸せな社会になれるか 竹信三惠子(和光大学教授)

パンフレットはこちら PDFアイコン 

研究会合同イベント 

学会大会とは別に、会員の方々とともに直接議論しあえる機会を増やしていきたいという趣旨で、 会員全体を対象とする5つの研究会合同イベントを開催しております。

■2018年3月3日(土) 第4回「ライフプロデュース」研究会(皆川靭一座長)が中心となり「長命時代”しなやかに生きる力”を考える」を開催しました。

■2017年3月5日(日) 第3回「社会保障研究会(袖井孝子座長)」が中心となり「社会保障研究会100回記念シンポジウム 社会保障の明日を考える」開催しました。

■2016年3月26日(土) 第2回「シニア社会のリテラシー研究会(濱口晴彦座長」が中心となり、”丁々発止語り合う会”「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」を開催しました。
第2回 「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン

■2015年3月14日(土) 第1回「災害と地域社会」が中心となり、シンポジウム 「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」を開催しました。
第1回「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン

『エイジレスフォーラム』バックナンバー販売について

『エイジレスフォーラム』バックナンバーを販売いたします。
残部数の少ない号もございます。会員は勿論のこと個人(会員外)にも対応致しますので、バックナンバーの販売にご協力をお願いします。
『エイジレスフォーラム』は、シニア社会学会の機関誌で、学会設立から2年後の2003年に創刊。毎号、6月の大会の収録記事、各分野の専門家の講演や公開講座など、シニア社会学会の活動の数々を収録、掲載しております。
各号の詳細は、シニア社会学会のホームページ機関誌・研究成果を参照下さい。

<販売バックナンバー>は、
◆創刊号(2003年発行)~ 第13号(2015年発行)までの各誌。
◆価格・・1部 500円(送料込)
◆支払方法・・『エイジレスフォーラム』と同封の振込用紙にてお振込みください。
◆購買ご希望の方は、下記シニア社会学会事務局宛に、e-mail又はFAXにて、ご希望のバックナンバーをご連絡ください。 
◆連絡先  〒150-000 東京都渋谷区渋谷3-15-5 パールビル4階
          一般社団法人シニア社会学会 事務局
         電話・FAX 03-5778-4728
         e-mail jaas@circus.ocn.ne.jp

新着情報

2018.7.18 JAASNews第228号を掲載 PDFアイコン
2018.6.20 JAASNews第227号を掲載 PDFアイコン
2018.5.28 「ライフプロデュース」研究会がブログを開設しました。左のメニューボタンからご覧ください。PDFアイコン
2018.5.23 JAASNews第226号を掲載 PDFアイコン
2018.2.21 2017年11月18日に、新潟の「パワフル・エイジング研究会」の主催で袖井孝子会長による講演が行われました。同研究会事務局より、当日の報告概要が送られてきましたので掲載いたしますPDFアイコン
2017.4.19 「災害と地域社会」研究会2015年度報告書を掲載 PDFアイコン(3.7MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2017.3.8  2016年11月19日に開催したシンポジウム「(第3回)私たちはフクシマをわすれない」の記録を掲載 PDFアイコン
2016.4.28  「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン
2015.9.24 「災害と地域社会」研究会2014年度報告書を掲載 PDFアイコン(8.5MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2015.4.16  「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン
2014.10.8 「災害と地域社会」研究会2013年度報告書を掲載 PDFアイコン
      (この報告書目次のタイトルをクリックすると、各章に跳びます。)
2014.7.4 機関誌「エイジレスフォーラム」投稿規程を掲載 PDFアイコン
2014.3.14 改訂した定款を掲載しました。
2013.7.8 「濱口研究会10年・100回記念号―シニア社会のリテラシー」頒布のお知らせ 
2012.4.12 2011年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2011.4.1 2010年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2010.5.1 ホームページをリニューアルしました。

研究会開催案内

   

FeedWind

  

FeedWind

   

FeedWind

   

FeedWind

   

FeedWind