人新世という言葉に寄せて

 人新世(ひとしんせいあるいはじんしんせい)という言葉を聞くようになった。 地球の隅々にまで活動範囲を広げた人間の営為が、地球環境に大きな負荷をかけて いる状態を地質学用語で表現した用法である。地球史上過去7回の陸上や海上の60% 以上の生物絶滅事件は、6~7度の気温変化で生じていることが分かっている。 ゆえに地球環境をいかに維持するかという提案とその試行錯誤が行われている。 シニア社会学会も取り組んでいるSDGsもそのひとつ。

 60年前の1962年に環境問題に道筋をつけたレイチェル・カーソン『沈黙の春』が 出版された。その2年後に、カーソン(1907-64年)は惜しまれて死去。自然と人間 との関わりを問いかけるとき、彼女の真摯な思索に多くの人びとが引き寄せられている。 カーソンは同書でたとえば、次のように訴えている。

 この地上に生命が誕生して以来、生命と環境という2つのものが、たがいに力を及ぼし あいながら、生命の歴史を織りなしてきた。といっても、たいてい環境の方が、植物、 動物の形態や習性をつくりあげてきた。地球が誕生してから過ぎ去った時の流れを見渡しても 、生物が環境をかえるという逆の力は、ごく小さなものにすぎない。だが、二十世紀とい うわずかのあいだに、人間という一族が、おそるべき力を手に入れて。自然を変えようと している。

 カーソンだけではない。日本の若き詩人は自然との共存の難しさを詩に託していた。 金子みすゞ(1903-1930年)は、西条八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と 称賛されながら、夭折。たとえばみすゞの詩「大漁」は、

朝焼小焼だ/大漁だ/大羽鰮(いわし)の/大漁だ。 浜はまつりの/
ようだけど/海のなかでは  何万の/鰮のとむらい/するだろう。

と詩い、詩は今なお多くのひとに親炙している。祭りと弔いの対比は虚実ないまぜの 比喩を超えて、今に至るも人の世のちぐはぐな仕組みを打ち続けている。 この思念は人新世のそれと親和的である。

2022年9月
一般社団法人シニア社会学会副会長 濱口晴彦

研究会の共催イベント開催のお知らせ 

11月に、二つの研究会が共催イベントを開催します。関心のある方、ご参加ください。

「災害と地域社会」研究会 

主 催:早稲田大学総合人文科学研究センター「現代社会における危機の解明と共生社会創出に向けた研究」部門
◆ 共 催:地域社会と危機管理研究所、シニア社会学会「災害と地域社会」研究会、 早稲田大学総合人文科学研究センター「知の蓄積と活用にむけた方法論的研究」部門、大槌町安渡町内会
◆ 参加費:無料

【講演・座談会】
1)日 時:2022年11月26日(土)13:30~16:00
2)会場、開催方法:オンライン開催(Zoom)
3)テーマ: 「わすれな草:東日本大震災遺族の記憶を記録し伝えることについて《当事者》と語り合う」
4)講演・座談会:
■基調講演:藤原規衣(元岩手朝日テレビ記者・アナウンサー)
■座談会登壇者:藤原規衣、倉堀康(岩手県大槌町の震災遺族)、野坂紀子(同左)、野坂真
【映像配信】
1)日 時:2022年11月27日(日)~12月11日(日)
2)会場、開催方法:オンライン開催(YouTubeの限定公開)
3)テーマ:震災遺族の聞き書き記録集『わすれな草』動画版(インタビュー音声と写真)およびⅩ-1講演・座談会の記録映像

※ お問い合わせ、参加のお申し込みは、長田(pfb00052@nifty.com)または、野坂(sn.nozaka@gmail.com)までお願いいたします。
詳細は、チラシ PDFアイコンをご覧下さい。

「YNS やまぶき任意後見サポート会」

終了いたしました。
主 催:江東区社会福祉士会
1)日 時:2022年11月5日(土)14:00~16:30
2)会 場:江東区総合区民センター6階サブ・レクホール
 (大島4-5-1 都営新宿線西大島駅徒歩1分)
3)テーマ: 福祉劇団B笑座「認知症とともに生きる」
 第1部 朗読
 第2部 寸劇<認知症とともに生きる>
 第3部 人形劇<童話の世界
4)参加費:300円(資料代)
※ お問い合わせ、参加のお申し込みは、鈴木(zl657308@gmail.com)までお願いいたします。
詳細は、チラシ PDFアイコンをご覧下さい。

事務所移転のお知らせ

2022年6月29日 事務所を渋谷区から千代田区に移転いたしました。
新住所
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21
  ちよだプラットフォームスクウェア1037
電話 03-5259-8515
 電話は、火曜日 13:00~16:00 のみ受信可 です。
事務局は、在宅作業を基本としておりますので、ご連絡などはメール jaas@circus.ocn.ne.jp  でお願いいたします。

新規会員随時募集中

学会の新しいリーフレットを作成しました PDFアイコン 

シニア社会学会は、どなたでも入会できます。
入会申込書に必要事項を記入の上、事務局にお申込みください。
入会案内へ

シニア向けの分かりやすい「Zoom利用の手引き」公開

本学会理事で(公財)ダイヤ高齢社会研究財団の主任研究員・澤岡詩野さんが、 高齢者に仲間とつながるために「Zoom交流会」を開いてもらおうと作成した手引きを公開しています。
マニュアルは「参加者向」「主催者向」で大きく分かれ、Windows、Android、iPhoneの種類別にアプリ のインストールからミーティング参加・開催が初めて・2回目など段階を追って書かれています。
マニュアルは改変禁止、再配布可能。

埼玉県共助の総合ポータルサイト「埼玉共助スタイル」からダウンロードできます。
埼玉共助スタイルへ
なお、オリジナルは以下のGoogleドライブからダウンロードできます。
こちらはバージョンアップなどに伴い改訂されます。
Googleドライブへ

研究会開催案内

研究会開催日は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる場合があります。
詳細は、各研究会の担当者にご確認ください。

「社会保障」研究会

第146回「社会保障」研究会開催のお知らせ
1)日 時:2022年11月30日(水) 18:00~20:00
2)報告者:森 義博(公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団・企画調査部長)
3)テーマ:「人生の“真の長さ”とそれを踏まえた老後資金」
4)Zoomで開催いたしますので、ご参加を希望される方は、阿部と小島にご連絡ください。後程、招待メールを差し上げます。
阿部fujiko-s@jeans.ocn.ne.jp
小島kojima.misao01@gmail.com
(@は、半角にしてメール送信ください)
※ご質問がございましたら、阿部までご連絡下さい

「シニア社会のリテラシー」研究会

第82回「シニア社会のリテラシー」研究会開催のご案内
(1)日 時:2022年11月24日(木) 15:00~18:00
(2)場 所:早稲田大学・国際会議場4階第7共同研究室
(3)テーマ:発表と討議 ― 研究会出版本『コミュニティ学のススメ』を読んだ上で~エイジングとコミュニティのあり方について~
(4)発表者:大下 勝巳
(5)参加費:300円
*お問い合わせ等は、担当:島村(ken-sima1941@jcom.home.ne.jp)までお願い致します。

「社会情報」研究会

第37回「社会情報」研究会開催のご案内
(1)日 時:2022年12月15日(木) 15:00~17:00
(2)場 所:Zoom開催
(3)概 要:俱進会助成事業 インタビュー調査分析内容検討
*参加ご希望やお問い合わせ等は、担当:森(moriyasu@ied.co.jp)までお願い致します。

「YNSやまぶき任意後見サポート会」

第27回「YNS やまぶき任意後見サポート会」開催のお知らせ
(1)日 時:2022年11月26日(土) 17:00:~20:00 (2)場 所:荒川区町屋2-21-2 フレスコ町屋 201
(3)テーマ:認知症と任意後見制度
劇団「B笑座(びしょうざ)」第13回
認知症らしさを体験することで新たな発見が生まれます。
劇団員募集しています。Zoomの参加もできます
(4)発表者:鈴木眞澄及びその他YNS やまぶき任意後見サポート会
*お問い合わせ等は、担当:鈴木眞澄(mme_masumi@yahoo.co.jp)までお願い致します。

ライフプロデュース」研究会

第38回「ライフプロデュース」研究会開催のお知らせ
(1)日時:2022年12月7日(水) 17:30~19:30
  Zoom開催
(2)テーマ
前半:「アドラー心理学」についての資料(全16頁)を読んで意見交換。
後半:Web忘年会 2022年を「漢字一文字」で振り返ってみよう。
年頭に掲げた抱負〖進〗〖虹〗〖描〗〖縁〗〖知〗〖続〗の自己分析結果でも良い。
ファシリテーター&忘年会進行 若井泰樹
※参加希望の方は、中村までご連絡ください。(nakamurayoshiko6@gmail.com)

『エイジレスフォーラム』バックナンバー販売について

『エイジレスフォーラム』バックナンバーを販売いたします。
残部数の少ない号もございます。会員は勿論のこと個人(会員外)にも対応致しますので、バックナンバーの販売にご協力をお願いします。
『エイジレスフォーラム』は、シニア社会学会の機関誌で、学会設立から2年後の2003年に創刊。毎号、6月の大会の収録記事、各分野の専門家の講演や公開講座など、シニア社会学会の活動の数々を収録、掲載しております。
各号の詳細は、シニア社会学会のホームページ機関誌・研究成果を参照下さい。

<販売バックナンバー>は、
◆創刊号(2003年発行)~ 第15号(2017年発行)までの各誌。
◆価格・・1部 500円(送料込)
◆支払方法・・『エイジレスフォーラム』と同封の振込用紙にてお振込みください。
◆購買ご希望の方は、下記シニア社会学会事務局宛に、e-mailにて、ご希望のバックナンバーをご連絡ください。 
◆連絡先  〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
                ちよだプラットフォームスクウェア1037
          一般社団法人シニア社会学会 事務局
         e-mail jaas@circus.ocn.ne.jp

新着情報

2022.11.22 JAASNews第279号を掲載 PDFアイコン 
2022.10.17 JAASNews第278号を掲載 PDFアイコン
2022.9.20 JAASNews第277号を掲載 PDFアイコン
2022.8.8 学会の新しいリーフレットを作成しました PDFアイコン
2022.8.8 「活動について」のページを新しくしました
2022.6.29 事務所移転しました
新住所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
  ちよだプラットフォームスクウェア1037
2022.5.27 「村人ブログ」に会員の小矢野正夫さんのブログリンクを加えました
2022.2.4 「村人ブログ」に会員の安田和紘さんのブログリンクを加えました
2022.1.21 「村人ブログ」に会員の薄井 滋さんのブログリンクを加えました
2022.1.18 「村人ブログ」に会員の松島悦子さんのブログリンクを加えました
2021.12.07 2021年8月8日(日)に行われた板倉真琴監督「ひとと原発」上映対談会の記録を掲載 PDFアイコン
2020.1.20 「災害と地域社会」研究会2016―2018年度報告書を掲載 PDFアイコン(4.2MByte)(ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
      3/13内容に修正があったため、差し替えております。
2019.11.11 第5回シンポジウム「あれから 8 年-<二点居住>という生活のかたち 」の記録を掲載 PDFアイコン
2018.8.6 第4回シンポジウム「あれから7年~私たちはフクシマをわすれない~」の記録を掲載 PDFアイコン
2017.4.19 「災害と地域社会」研究会2015年度報告書を掲載 PDFアイコン(3.7MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2017.3.8  2016年11月19日に開催したシンポジウム「(第3回)私たちはフクシマをわすれない」の記録を掲載 PDFアイコン
2016.4.28  「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン
2015.9.24 「災害と地域社会」研究会2014年度報告書を掲載 PDFアイコン(8.5MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2015.4.16  「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン
2014.10.8 「災害と地域社会」研究会2013年度報告書を掲載 PDFアイコン
      (この報告書目次のタイトルをクリックすると、各章に跳びます。)
2014.7.4 機関誌「エイジレスフォーラム」投稿規程を掲載 PDFアイコン
2013.7.8 「濱口研究会10年・100回記念号―シニア社会のリテラシー」頒布のお知らせ 
2012.4.12 2011年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2011.4.1 2010年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2010.5.1 ホームページをリニューアルしました。