この10年における時間感覚の変容

 「コロナ禍」の世界的拡大から1年以上が経過し、不自由な生活に耐えながら、われわれは、 いずれは元の安定した生活を取り戻せるという希望を持ち続けています。ここ数年間でも、 2016年の熊本地震、2020年全国の集中豪雨災害、さらには今年3月の宮城県沖の震度5強の 地震があり、被害を免れたわれわれは被災者を気遣いながらもその都度やれやれと胸を なでおろしています。しかし、これらの経験が積み重なり、新たな大地震の襲来が警告され、 温暖化の深刻な影響はすでに現実となっている中で、われわれに近視眼的に事態をやり過 ごす傾向はないでしょうか。
 この10年で、原発の廃炉作業は自分や次世代の生涯をかけても見届けられず、福島からの 避難者の現状を見るにつけ復興という言葉は軽々に使えないことを思い知ることになりました。 また、過去のパンデミックは文明史的転換をもたらした事実を振り返るとき、われわれの 時間感覚は、無意識のうちにも変化しているのを感じます。つまり、持続可能な社会のあり 方を考えようとすれば、原発事故や津波災害、パンデミックの影響は今後数世代の生活に 及ぶ長期的スパンでとらえる必要性があり、過去の危機を乗り越えてきた長期にわたる世界の 歴史に学ぶ必要があるのではないでしょうか。
 日本の政治は、バブル崩壊後もグローバルな金融経済によって、国民の間に格差と貧困を 拡大させ、この10年の間に、経済成長を目指しながらも抜本的産業構造改革をすることもあ りませんでした。原発事故についても責任を負うべき国や電力会社は金銭での解決を優先し、 コロナ禍の時間的停滞期にも、広い視野に立って思考を転換し大きな手立てを講じるどころか、 従来の経済成長至上主義に執着し、近視眼的な経済回復に躍起となっているようにしか見えません。
 近年になるほど災害やパンデミックの原因の大部分は、「自然」より「社会」にあると考えざる を得なくなっています。しかもその被害の影響は、時間的・空間的にますます拡大しつつあります。 社会の一員であるわれわれは、災害の原因やその途方もない影響に対し程度の差はあれ責任を負っ ています。原発事故は社会が引き起こす災害の最たるもので、われわれの世代で手に負えない課題 を先送りせざるをえません。しかし今誰が何に対していかなる責任を負うべきなのか、またその 責任をどう果たしていくかを考える必要があります。その責任は本来金銭で償えるものではなく、 組織と個人、人と人との間の信頼による解決が求められます。今起きている事態の原因と行く末 を長期にわたる時間的スパンで冷静に見定め、組織や個人も自世代で果たせる責任と、果たすこ とも難しい責任を自覚しつつ、それぞれの立場で、可能な行動を選択する必要があるのではない でしょうか。当学会でも、原発問題の深刻さを自覚し、果たせない責任の痛みを忘れることなく、 微力ながらフクシマ原発事故問題を風化させない努力を続けたいと思います。

2021年4月

一般社団法人シニア社会学会事務局長 長田攻一

2021年度第20回大会開催日と概要のお知らせ

今年度の大会は、昨年同様オンライン開催となります。昨年との違いは、参加者は録画映像を見るのではなく、 オンラインで全員が同時に参加していただくことになりました。ただし、会員・非会員を問わず事前にお申込 みいただき、お送りするZoomのURLからご参加いただく形をとりたいと思います。
また、参加者にはシンポジウムの後、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使ったグループ討論にも参加してい ただく試みも行いますので、ご期待ください。
1)開催日 :2021年6月27日(日)14:00~16:30
2)開催拠点:労働者協同組合連合会会議室(司会者、基調講演者、パネリスト、 コメンテーター、会場サポーターのみが集合)
3)大会テーマ:「高齢者のICT活用~コロナ禍を超えて~」
4)開催概要
◆基調講演:澤岡詩野(当学会理事・ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員)
◆シンポジウム
 パネリスト:片山嗣規(なかの生涯学習大学「つなげるサポーター・チームICT」)
       大津駿介(なかの生涯学習大学「つなげるサポーター・チームICT」)
       橋本みどり(なかの生涯学習大学「つなげるサポーター・チームICT」)
       柴田 守(会員、ナルク市川、社会情報研究会メンバー)
 コメンテーター:荒井浩道(当学会理事・駒澤大学教授)
 司会:袖井孝子(当学会会長)
◆グループ討論(Zoomのブレイクアウトルームを活用)
◆参加費:無料
◆申込方法:参加申し込みフォーム
   https://forms.gle/DMUkP6xa1t9eXF1S7
から6月24日までにお申し込みください。
大会参加申し込みは会員でも非会員でも可能です。大会開催日が近づいてから、申込者全員に招待メールをお送りします。
プログラム PDFアイコン

6月の事務局開所日

事務局は、東京に出された「緊急事態宣言」ならびにコロナ感染拡大防止のため2021年6月中は基本的に休室といたします。「緊急事態宣言」解除後開室の場合は、ホームページで告知いたします。休室の間は、メール jaas@circus.ocn.ne.jp  にご連絡いただきたいと存じます。
開所日以外は電話やFAXでのご連絡は対応できません
◆「6月開所日時」◆
基本的に開所日はありません。

いきがい・助け合いサミット in 神奈川(分科会企画)

公益財団法人さわやか福祉財団が主催する「いきがい・助け合いサミットin 神奈川 共生社会をつくる地域包括ケア ~生活を支え合う仕組みと実践~」 でシニア社会学会が分科会を企画します。
1)開催日:2021年9月1日(水)~2日(木)
2)会 場:パシフィコ横浜
3)会場参加:1,500名、オンライン視聴:3,500名
4)参加費:資料代として2,000円(会場参加、オンライン視聴共に参加費を兼ねたお1人ずつの金額です)
5)シニア社会学会企画の分科会
 日時:9月2日(木) 12:45~14:45 第3部パネル 分科会27
 テーマ:「心身機能が低下しても、持てる能力を生かして高齢者が社会参加する方法とは」
 進行役:澤岡詩野(当学会理事・ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員)
 アドバイザー:袖井孝子(当学会会長)
 登壇者:
 ★中林美奈子(富山大学歩行圏コミュニティ研究会代表)
 ★前田隆行(DAYS BLG!代表)
 ★椎根 渓(ウェルケアヒルズ馬事公苑介護主任)
6)参加申込みなど詳細は さわやか福祉財団の「いきがい・助け合いサミット」ページをご覧ください。

シニア向けの分かりやすい「Zoom利用の手引き」公開

本学会理事で(公財)ダイヤ高齢社会研究財団の主任研究員・澤岡詩野さんが、 高齢者に仲間とつながるために「Zoom交流会」を開いてもらおうと作成した手引きを公開しています。
マニュアルは「参加者向」「主催者向」で大きく分かれ、Windows、Android、iPhoneの種類別にアプリ のインストールからミーティング参加・開催が初めて・2回目など段階を追って書かれています。
マニュアルは改変禁止、再配布可能。

埼玉県共助の総合ポータルサイト「埼玉共助スタイル」からダウンロードできます。
埼玉共助スタイルへ
なお、オリジナルは以下のGoogleドライブからダウンロードできます。
こちらはバージョンアップなどに伴い改訂されます。
Googleドライブへ

2020年度シニア社会学会連続講座

シニア社会学会の連続講座は、例年、外部会場での集合形式で実施していますが、 今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、Web会議ツール「Zoom」を利用 したオンライン会議方式で開催いたしました。(2020年度の講座は終了しています)
【 オープン講座ですので、会員以外の方の参加も歓迎いたします 】

◆第1回「コロナと共生する社会」~ICTと歩むこれからのニューノーマルライフ~
◆第2回「シニアの暮らし、ジェンダー」~家庭科が生きてくる、市民大学オンライン講座の試みから~
当日の模様は、オンデマンドで配信しております。
こちらのページでご覧ください。

第7回シンポジウム「あれから10年~わたしたちはフクシマを忘れない」

2021年1月10日(日)は終了いたしました。

「Zoomの効果的なプレゼンのコツ」講座

2021年1月30日(土)は終了いたしました。
特別講座のチラシはこちら PDFアイコン 

研究会合同イベント

学会大会とは別に、会員の方々とともに直接議論しあえる機会を増やしていきたいという趣旨で、 会員全体を対象とする5つの研究会合同イベントを開催しております。


■2021年3月14日(日) 第6回「ガバナンス研究会」(川村匡由座長)が中心となり 「全国初の“終活互助”へのチャレンジ!」を開催しました。
当日の模様は、オンデマンドで配信しております。
こちらのページでご覧ください。

■2019年3月16日(土) 第5回「シニアのICT活用」研究会(澤岡詩野座長)が中心となり「人生100年時代を豊かに活きるためのICTの 可能性~シニアの活用を支えるサポーターの役割とは?」を開催しました。

■2018年3月3日(土) 第4回「ライフプロデュース」研究会(皆川靭一座長)が中心となり「長命時代”しなやかに生きる力”を考える」を開催しました。

■2017年3月5日(日) 第3回「社会保障研究会(袖井孝子座長)」が中心となり「社会保障研究会100回記念シンポジウム 社会保障の明日を考える」開催しました。

■2016年3月26日(土) 第2回「シニア社会のリテラシー研究会(濱口晴彦座長)」が中心となり、”丁々発止語り合う会”「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」を開催しました。
第2回 「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン

■2015年3月14日(土) 第1回「災害と地域社会」が中心となり、シンポジウム 「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」を開催しました。
第1回「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン

新規会員随時募集中

シニア社会学会は、どなたでも入会できます。
入会申込書に必要事項を記入の上、事務局にお申込みください。

入会案内へ

『エイジレスフォーラム』バックナンバー販売について

『エイジレスフォーラム』バックナンバーを販売いたします。
残部数の少ない号もございます。会員は勿論のこと個人(会員外)にも対応致しますので、バックナンバーの販売にご協力をお願いします。
『エイジレスフォーラム』は、シニア社会学会の機関誌で、学会設立から2年後の2003年に創刊。毎号、6月の大会の収録記事、各分野の専門家の講演や公開講座など、シニア社会学会の活動の数々を収録、掲載しております。
各号の詳細は、シニア社会学会のホームページ機関誌・研究成果を参照下さい。

<販売バックナンバー>は、
◆創刊号(2003年発行)~ 第15号(2017年発行)までの各誌。
◆価格・・1部 500円(送料込)
◆支払方法・・『エイジレスフォーラム』と同封の振込用紙にてお振込みください。
◆購買ご希望の方は、下記シニア社会学会事務局宛に、e-mail又はFAXにて、ご希望のバックナンバーをご連絡ください。 
◆連絡先  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-4 ナカヤビル202
          一般社団法人シニア社会学会 事務局
         電話・FAX 03-5778-4728
         e-mail jaas@circus.ocn.ne.jp

新着情報

2021.6.14 JAASNews第262号を掲載 PDFアイコン
2021.5.18 JAASNews第261号を掲載 PDFアイコン
2021.4.20 JAASNews第260号を掲載 PDFアイコン
2021.3.16 JAASNews第259号を掲載 PDFアイコン
2020.1.20 「災害と地域社会」研究会2016―2018年度報告書を掲載 PDFアイコン(4.2MByte)(ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
      3/13内容に修正があったため、差し替えております。
2019.11.11 第5回シンポジウム「あれから 8 年-<二点居住>という生活のかたち 」の記録を掲載 PDFアイコン
2018.8.6 第4回シンポジウム「あれから7年~私たちはフクシマをわすれない~」の記録を掲載 PDFアイコン
2017.4.19 「災害と地域社会」研究会2015年度報告書を掲載 PDFアイコン(3.7MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2017.3.8  2016年11月19日に開催したシンポジウム「(第3回)私たちはフクシマをわすれない」の記録を掲載 PDFアイコン
2016.4.28  「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン
2015.9.24 「災害と地域社会」研究会2014年度報告書を掲載 PDFアイコン(8.5MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2015.4.16  「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン
2014.10.8 「災害と地域社会」研究会2013年度報告書を掲載 PDFアイコン
      (この報告書目次のタイトルをクリックすると、各章に跳びます。)
2014.7.4 機関誌「エイジレスフォーラム」投稿規程を掲載 PDFアイコン
2013.7.8 「濱口研究会10年・100回記念号―シニア社会のリテラシー」頒布のお知らせ 
2012.4.12 2011年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2011.4.1 2010年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2010.5.1 ホームページをリニューアルしました。

研究会開催案内

研究会開催日は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる場合があります。
詳細は、各研究会の担当者にご確認ください。

「社会保障」研究会

第132回社会保障研究会開催のお知らせ
1)日 時:2021年7月28日(水) 18:00~20:00
2)報告者:金 貞任(東京福祉大学教授)
3)テーマ:「韓国の介護保険制度(仮)」
4)zoomで開催いたしますので、ご参加を希望される方は、阿部と小島にご連絡ください。後程、招待メールを差し上げます。
阿部fujiko-s@jeans.ocn.ne.jp
小島kojima.misao01@gmail.com
(@は、半角にしてメール送信ください)
※ご質問がございましたら、阿部までご連絡下さい

「シニア社会のリテラシー」研究会

第75回「シニア社会のリテラシー」研究会開催のご案内
4月22日(木)再開を予定していましたが、再延期いたします。
*お問い合わせ等は、担当:島村(ken-sima1941@jcom.home.ne.jp)までお願い致します。

「社会情報」研究会

第21回「社会情報」研究会開催のご案内
(1)日 時:2021年6月23日(水) 15:00~17:00
(2)場 所:Zoom開催
(3)概 要:次年度の研究会テーマ検討つづき、市川の学生ボランティアさんへの質問準備、シニア社会学会大会支援での役割分担
*参加ご希望やお問い合わせ等は、担当:森(moriyasu@ied.co.jp)までお願い致します。

「YNSやまぶき任意後見サポート会」

第12回「YNS やまぶき任意後見サポート会」開催のご案内
(1)日 時:2021年7月24日(金) 18:30~20:00
(2)場 所:きゅりあん(品川区立総合区民会館)
(3)テーマ:コント及び人形劇劇団 「B笑座」を始めることにいたしました。
テーマは「なろうぜ!認知症」です。
(4)発表者:鈴木眞澄及びその他
*お問い合わせ等は、担当:鈴木眞澄(mme_masumi@yahoo.co.jp)までお願い致します。

事務所移転のお知らせ

2018年11月30日に 事務所を移転しました。新しい住所は以下のとおりです。
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-4 ナカヤビル202
なお、移転後も電話とFAXの番号は変わりません。