2018年 年頭の辞

 明けましておめでとうございます。新しい年が、皆様にとってより良い年になることを心より願っております。

 毎年の年頭の辞で、私は日本社会がますます悪い方向をたどりつつあることを嘆き、暗い将来図を描き続けてきました。 近年、こうした危機感はいっそう深まったような気がします。国際的にも、国内的にも、「××ファースト」といった 自己中心的な姿勢が目立つようになり、自分さえ良ければ、他はどうなってもよい、世の中に苦しむ人がいるのは自己 責任であり、自業自得だ・・・こんな雰囲気が充満しています。

 シニア社会学会では、「持続可能な超高齢社会をめざして」を3か年のテーマにして大会を行ってきました。2年目に あたる昨年は、井手英策・慶応義塾大学教授の基調講演「分断社会を超えて」によって、現代日本における経済的格差の 進行と弱者が弱者の足を引っ張り合うという分断状態が明らかにされました。誰もが受益者になる「頼り合える社会」の 構築の必要性が説かれ、それを解く鍵が地域社会にあることが示されました。

 今日、世界各地において、社会の分断状況が露わになり、移民や難民への攻撃や追いつめられた人たちによるテロ行為 が頻発しています。日本でも、在日韓国・朝鮮人を対象としたヘイトスピーチ、生活保護受給者に対する誹謗、小中学校 におけるいじめ、障害者や高齢者に対する虐待など、自分と異なる存在への拒否感が強まっています。ダイバーシティや 共生、そして社会的包摂が唱えられるにもかかわらず、実際には、自分と異なる存在を受け入れず、排除する不寛容な 態度が、ますます広がっています。なぜこんなことが起きるのか、どうしたらこの状況を変えることができるのか、 今こそ真剣に考えなければなりません。

 本年6月23日(土)に駒澤大学で開催される大会では、辻哲夫・東京大学高齢社会研究機構特任教授による地域社会の あり方を考える基調講演が行われます。安倍政権が強大な権力をふるう現在、大状況を変えることはかなり困難です。 私たちにできるのは、身の回りの小状況から、コツコツと変えていくことではないでしょうか。安心で安全な超高齢 社会を持続するためには、「頼り合える社会」をまず身近な地域社会から実現していくことが必要です。できるだけ 多くの方々のご参加を期待しております。

2018年元旦

一般社団法人シニア社会学会会長 袖井孝子

2018年度定時総会・第17回大会 

2018年度総会・第17回大会の日程・会場が下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。
今年から会場が、昨年まで長らくお世話になった「お茶の水女子大学」から、「駒澤大学」に変更になります。
定時総会は一般社団法人シニア社会学学会会員が対象ですが、第17回大会は非会員(一般の方)の参加が可能です。 この機会にシニア社会学会の活動等を知って頂き、シニア社会学会に対するご理解を深めて頂ければ幸いです。

日 時 : 2018年6月23日(土)
    (第一部総会 10:00~、第二部大会 11:30~
    (懇親会17:00~18:30)予定)
会 場 : 駒澤大学 1号館 202教室
    東京都世田谷区駒沢1-23-1
    東急田園都市線「駒沢大学」駅 「駒沢公園口」出口から徒歩約10分。
     「駒沢大学」駅:東急田園都市線「渋谷」駅より約7分
     (準急または各駅停車をご利用ください)
大会テーマ:「支え合うコミュニティの共創―格差と分断を超えて-持続可能な超高齢社会をめざして3」
  ・会員からの提言 碇 正義、安田和紘
  ・シンポジウム
   基調講演 講師:辻 哲夫(東京大学特任教授)
        テーマ「支え合うコミュニティの共創~格差と分断を超えて~」
   パネリスト 瑠璃川正子(荻窪家族創設者)
         近山恵子(一般社団法人コミュニティネットワーク協会理事、
              当学会会員)
         羽賀 睦(NPO法人ワーカーズコープ東関東事業本部)
         鵜飼 英昭(千葉県佐倉市中志津町住民)
      司会 袖井孝子(当学会会長)
  ・懇親会
参加費: 大会参加費      2,000円
     懇親会参加費(希望者)3,000円
     当日、受付でお支払下さい。
申込方法:一般社団法人シニア社会学会事務局にメール又はFAXにてご連絡下さい。
     (当日、直接会場にお越し頂いても結構です)
     メール:jaas@circus.ocn.ne.jp FAX:03-5778-4728
プログラム:別紙参照下さい。 PDFアイコン

研究会合同イベント 

学会大会とは別に、会員の方々とともに直接議論しあえる機会を増やしていきたいという趣旨で、 会員全体を対象とする5つの研究会合同イベントを開催しております。

■2018年3月3日(土) 第4回「ライフプロデュース」研究会(皆川靭一座長)が中心となり「長命時代”しなやかに生きる力”を考える」を開催しました。

■2017年3月5日(日) 第3回「社会保障研究会(袖井孝子座長)」が中心となり「社会保障研究会100回記念シンポジウム 社会保障の明日を考える」開催しました。

■2016年3月26日(土) 第2回「シニア社会のリテラシー研究会(濱口晴彦座長」が中心となり、”丁々発止語り合う会”「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」を開催しました。
第2回 「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン

■2015年3月14日(土) 第1回「災害と地域社会」が中心となり、シンポジウム 「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」を開催しました。
第1回「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン

『エイジレスフォーラム』バックナンバー販売について

『エイジレスフォーラム』バックナンバーを販売いたします。
残部数の少ない号もございます。会員は勿論のこと個人(会員外)にも対応致しますので、バックナンバーの販売にご協力をお願いします。
『エイジレスフォーラム』は、シニア社会学会の機関誌で、学会設立から2年後の2003年に創刊。毎号、6月の大会の収録記事、各分野の専門家の講演や公開講座など、シニア社会学会の活動の数々を収録、掲載しております。
各号の詳細は、シニア社会学会のホームページ機関誌・研究成果を参照下さい。

<販売バックナンバー>は、
◆創刊号(2003年発行)~ 第13号(2015年発行)までの各誌。
◆価格・・1部 500円(送料込)
◆支払方法・・『エイジレスフォーラム』と同封の振込用紙にてお振込みください。
◆購買ご希望の方は、下記シニア社会学会事務局宛に、e-mail又はFAXにて、ご希望のバックナンバーをご連絡ください。 
◆連絡先  〒150-000 東京都渋谷区渋谷3-15-5 パールビル4階
          一般社団法人シニア社会学会 事務局
         電話・FAX 03-5778-4728
         e-mail jaas@circus.ocn.ne.jp

新着情報

2018.5.23 JAASNews第226号を掲載 PDFアイコン
2018.4.26 「第23回シニアのICT活用研究会」を5月18日(金)14:00-16:00 ダイヤ高齢社会研究財団会議室で開催します。
話題提供は阿部冶郎氏(NPO法人サイバーシニアーズ・ジャパン顧問)、テーマは「シニアにとってのSNS」です。SNSに関する最近の話題やSNSの社会的な影響についてもお話しいただきます。お申し込みは、森(moriyasu@ied.co.jp)まで。
2018.4.18 JAASNews第225号を掲載 PDFアイコン
2018.2.21 2017年11月18日に、新潟の「パワフル・エイジング研究会」の主催で袖井孝子会長による講演が行われました。同研究会事務局より、当日の報告概要が送られてきましたので掲載いたしますPDFアイコン
2017.4.19 「災害と地域社会」研究会2015年度報告書を掲載 PDFアイコン(3.7MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2017.3.8  2016年11月19日に開催したシンポジウム「(第3回)私たちはフクシマをわすれない」の記録を掲載 PDFアイコン
2016.4.28  「コミュニティ学のススメ-ところ定まれば、こころ定まる」要録を掲載 PDFアイコン
2015.9.24 「災害と地域社会」研究会2014年度報告書を掲載 PDFアイコン(8.5MByte)
      (ファイルの容量が大きいのでお気をつけください)
2015.4.16  「あれから5年~私たちはフクシマをわすれない~」要録を掲載 PDFアイコン
2014.10.8 「災害と地域社会」研究会2013年度報告書を掲載 PDFアイコン
      (この報告書目次のタイトルをクリックすると、各章に跳びます。)
2014.7.4 機関誌「エイジレスフォーラム」投稿規程を掲載 PDFアイコン
2014.3.14 改訂した定款を掲載しました。
2013.7.8 「濱口研究会10年・100回記念号―シニア社会のリテラシー」頒布のお知らせ 
2012.4.12 2011年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル普及事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2011.4.1 2010年度WAM助成事業「ICTによる高齢者孤立防止モデル開発事業 報告書」 PDFアイコンを掲載
2010.5.1 ホームページをリニューアルしました。

研究会開催案内

   

FeedWind

  

FeedWind

   

FeedWind

   

FeedWind

   

FeedWind